FC2ブログ

女社長の食べある記

京都に住む女社長の食べある記ブログ。東京・京都のレストラン、バーを中心に。

アボカド料理専門店 Cafe&Bar Platinum Lounge 

*****※管理人からのお知らせ******

この記事に、以下のコメントが寄せられました。

「許可は得ているのでしょうか?撮影や掲載の許可なく無断で掲載はお断りします。 」

とのことでした。
見て下さった皆様、申しわけありませんが、写真を削除させていただきました。
これからこちらのお店に行かれる方で、ブログへの掲載をお考えの方は、お店の方に許可をいただいてから掲載してくださいね!

お店の方、許可なく掲載してしまい、申し訳ありませんでした。

**********************

某SNSのトピで、麻布十番にアボガド専門店ができたことを知った。
アボガド好きの友人をお誘いして、行って来ました!

かなり古そうなビルの3階に、ありました。
エレベーターはなく、階段をあがっていくのですが、雨が降り込むのか、階段の踊り場が水溜りになってる。

お店の内装は、白で統一されています。
入った瞬間に、カウンターの中が見える構造になっているのですが、カウンターの中、ぐちゃぐちゃ。
カウンターに案内されました。
お酒の種類は多いけど、置き方が乱雑。お酒とステーキソース一緒に置くのやめようよ。
普段、ボトルがビシっと並んでいるオーセンティックなバーに慣れているので、どうもこういうのは、ちょっと。。。
あと、ビーフィーターがカウンターの上においてあるのが気になる・・・。一応減ってるから、使ってるのかな?ジンは冷凍庫に入れてくださいー!!

店主らしき男性一人、アルバイトらしき女性一人。
女性が、歩き方からしてやる気なさそう。
席数は、テーブル席10席くらいと、カウンターが6席くらい。
ほぼ満席。
でもキッチンは、普通の家庭のキッチンくらいの設備しかない。
案の定、料理が出てくるのが遅い。

名物のアボガドバーグ。
※写真を削除いたしました。

中にはアボガドが入っています。
※写真を削除いたしました。

海鮮丼を注文すると、店主らしき男性が、「マヨネーズ入ってますけど大丈夫ですか」と聞いた。
そういえばさっき、連れが会話の中でちらっと「私、マヨネーズニガテだから」とか言ってたな。
ちゃんと聞いてるのね。
忙しい中、お客さんの会話にも注意を払うのは素晴らしいですね!

お会計をしてビックリ。
2人で、けっこうおなかいっぱい食べて、ビール3本(330ml瓶)飲んで、5千円ちょっと。
安っ!!!
でもカフェバーだとこんなもんなのかな。普段、軽く食べて飲んだら一人一万超えの店に行くことが多いので・・・でもこの場所でこの値段はやっぱり安いと思う!

それにしても、満席ってすごいなぁ。
某SNSの集客力か、アボガドの人気か、専門店の強みか。

■プラチナラウンジ
港区六本木5-11-32第三岩崎ビル3F
営業時間:平日19時~翌1時 土日祝11時~15時・17時~翌1時
定休日:月曜日
電話番号:03-6273-7609
スポンサーサイト



六本木ALL NIGHT 

夕方に、東京ミッドタウンの可不可へ。
来月からベルヴェデールのフェアを行うとのこと。
ベルヴェデールを使用した桜のカクテルを作っていただきました。
ベルヴェデール+トニックウォーター+ジンジャーの絞り汁+塩漬けの桜。

Image095_1.jpg


来月、一周年パーティがあるとのことで、お誘いしていただきました♪

飲んでいると、K-Ci and Jojoが来店!!
副店長がファンで、コンサートのチケットも予約してあるらしく、サインをいただいていました。

Image096_1.jpg


その後、知人が経営するPrivateBarへ。
おなかがすいたので、隣のお店からフードをケータリングしていただく。
終電まで烏龍茶を飲み、終電で帰ろうと六本木駅で電車を待っていると、可不可のバーテンドレスさんから電話。
「今から飲みに行きませんか?」とお誘いいただき、終電を背にして駅を逆戻り。

彼女が連れていってくれたのは、ミッドタウンにあるSALON BAR YOLをプロデュースした方が独立して出されたお店「Senza Cravatta」
お店の前に看板もないし、お店の名前がまったく書かれておらず、一見のお客さんは絶対に入らないだろうなというつくり。(でもべつに一見さんお断りというわけではない)
オーセンティックな雰囲気だけれど、バーテンダーはとても面白い方々でした。
また行きたくなるお店。

仕事帰りの彼女がおなかがすいたそうなので、先ほどのPrivateBarへ戻り、今度はちらし寿司をケータリングしていただく。

そのまま始発を待って帰宅。
わたしもPrivateBar作りたいなぁ。

可不可 

東京ミッドタウンの中にある和食レストラン、可不可

Image0721.jpg


ここのバーテンドレスさんとは、偶然共通の知人がいたことが判明して以来、飲み友達として仲良くさせていただいている。
可不可のドリンクプロデュースを手がけるのが、京都K6の西田氏であり、彼女は西田氏の直属の部下。
一年間の契約で可不可に来ており、彼女が可不可にいるのは今月いっぱい。

というわけで、彼女がいるうちに行っておこう・・・と思い、以前から目をつけていたランチにお邪魔してきました。
二度目のカウンター席。目の前で料理しているところが見られます。
料理長に「いつもありがとうございます」とご挨拶されました・・・いつもバーにしかお邪魔しないのにしかもわたし、今日はメガネで変装(?)してたのに、ちゃんと見てるのね・・・^^;

まず、シャンパン。
「あの太ったやつ」と無茶なオーダーも、気心が知れているからこそ。(ボトルがちょっと太めなのです)

Image0731.jpg


前から目をつけていた、「和牛霜降り温石」
熱した石の上に、肉を乗せて焼いてあります。

Image0761.jpg


Image0771.jpg


ん~おいしい♪肉がやわらかい♪
肉には味付けがされてますが、おろしポン酢やごまだれや塩なども出して下さいます。
肉は、サーロインとヒレが選べます。今回はサーロインでしたが、ヒレも食べてみたいなぁ。

お食事の後、バーに移動して、バーテンドレスさんとおしゃべり・・・。
「このお店で会うのは最後かな」と言うと、「Old Pal」というカクテルを作ってくださいました。
「旧友」という意味だそうです。

Image0831.jpg


可不可で彼女にお会いできるのは最後かもしれないけれど、これからも仲良くしていきたいな♪
プロフィール

柳田 亜沙美

Author:柳田 亜沙美
株式会社凛 代表取締役。
レストランが好き、バーが好き。
そして京都が好き。
女社長の日記も書いてます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム