女社長の食べある記

京都に住む女社長の食べある記ブログ。東京・京都のレストラン、バーを中心に。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳥梅葡酒 

行きつけのお店のバーテンダーに、新しく練馬にオープンしたお店に一日だけ手伝いに行くので、よかったら来てくださいと言われた。
何屋?と聞くと、焼き鳥屋だというので、ちょっとためらう。
焼き鳥屋は、あまり行った事がない・・・。

行ってみると、想像していたような、薄汚い焼き鳥屋ではなく、カフェのような明るい色使いのお店。
焼き鳥屋っていうから、もっと、汚いハコを想像していました^^;
でも、メニューはしっかり焼き鳥屋。
しかも、焼酎が200本あるらしい。

レバ刺しが美味しい!臭みが全然ない!
今まで食べたことのあるレバ刺しは、ニンニクや生姜、ネギなどの薬味一緒に食べて、それでもちょっと臭味があるんだけれども、これは、薬味と一緒に食べず、岩塩とごま油のみ。
それでも全然臭味がない。感動。
手羽餃子というメニューも美味しい。手羽先の中に餃子のあんを入れたもの。

Image048_convert_20080325233634.jpg


しかも安い!
おなかいっぱい食べたけれど、3000円を切った。(お酒は一杯しか飲んでないけど)

焼き鳥屋さん、今までテリトリー外だったけれど、いいかも♪
でもやっぱり、女性一人では、入りづらいですよね^^;
スポンサーサイト

ボン・ピナール 

西麻布のボン・ピナール

シェフはまだ若い女性!
(でもお店の顔は、ロブション出身のソムリエの男性。シェフは奥様だそうです)
席数は22席で、厨房2名、サービス2名。
料理が出てくるのが遅い。
遅いのはイルヴィアーレで慣れているけれど、イルヴィアーレより遅い^^;
サービスは、可もなく不可もなく。
ワインのことは私はよくわからないけれど、どうやら相当安いらしい。

前菜にフォアグラ、メインに鳩を注文。

Image034_convert_20080310002727.jpg


普通に美味しいんだけど、こう、「おいしーーー!!!」ってジタバタしたくなる程ではないかな。

ワインがまだ少しあったので、チーズの盛り合わせを注文。これは美味しい!^^ ・・・ってこの店で作ったものじゃないじゃん。
ドルチェに、クレームブリュレと塩アイス。
映画「アメリ」で、クレームブリュレの表面を、スプーンでパリっと割るのが好きだと主人公が言っていたけれど、ここのクレームブリュレの表面は、あまりパリっとしていなかった。

ワインを飲みに行くのにいい店。
食事よりワインがメインのお店ですね。シェフのお店じゃなくてソムリエのお店ですし。
女性シェフにももう少しがんばって欲しいですね。

珍しく新宿。 

■Bar Le Parrain(ル パラン)

京都K6の西田氏おすすめのお店。
西田氏の箱入り娘・Y嬢とともにいってきました。

騒がしい新宿三丁目のビルの中、バーの扉をあけると別世界。
中世ヨーロッパの雰囲気。
レオナルドを作っていただきました。
美味しい♪
レオナルドといえば、京都K6で、美人ライターさんと、イルヴィアーレの渡辺シェフとご一緒した時にもレオナルドを飲んでいて、ライターさんに「亜沙美ちゃんのイメージにピッタリだね」と言われて、なぜか焦って「いやいや、わたし、焼酎も日本酒も飲みますから!」と否定してしまった・・・^^;
せっかくかわいいイメージを抱いていてくださったのに、自分でオッサン的イメージを植えつけなくても・・・^^;
たまに、「うさぎっぽいイメージ」とか、わたしのことを可愛いイメージを抱いて下さる方(年上の女性に多いような気がします)がいらっしゃるのですが、中身はオッサンなので、困ってしまいます・・・なんだか、騙しているような^^;

バーテンダーの本多さんは、京都好きの方で、寺町二条のバー・カルバドールの高山氏とも仲が良いそうです。
今度ぜひゆっくり京都のお話をさせていただきたいです♪
今回はボックス席でしたが、今度はカウンターで飲みたいな。

■Bar Caruso

京都のEl tesoroの大塚氏おすすめのお店。
ル パランのすぐ近くにあります。
内装が、石造り。
映画で活躍されているデザイナーさんがデザインされたそうです。

ボックス席で、「最近生姜に凝っている」と話していたのを聞いていたのか、モスコミュールを頼むと生姜入りのモスコミュールを出してくださいました。
美味しい^^
その心遣いも嬉しい♪
ちょうど、生姜を使ったカクテルを出してくれるお店を探していたので、また来ようと思います。

新宿はあまり好きな街ではないので、あまり行くことはないのだけれど、この二軒にはまた行きたい♪

カクテルコンペ 

P.B.Oのカクテルコンペを見に行ってきました♪

見ていて思ったのは、きれいな動きをする人が少ない。
パフォーマンスのつもりなのか、動きが派手すぎて目障りだったり。
手がぶるぶる震えていたりw
「この人の店に行きたい」「この人を自分のバーで雇いたい」と思う人は本当に少なかった。
わたしがいつもお世話になっているバーテンダーさん達は、きれいな動きをする人が多い。滑らかで、華やかで。思わず見惚れる。
これって当たり前だと思っていたけれど、もしかしたらすごいことなのかもしれない。

一人、目を引くバーテンドレスさんがいた。
落ち着いていて、堂々としていて。
動きも、派手すぎず、でもきれい。
観戦の後のパーティでお見かけしたので、思わず話しかけて、「いちばんきれいでした!惚れました!!」とナンパして名刺交換させていただきましたw
そしたら、金賞を受賞されていました。やっぱり。
わたしの見る目もなかなか捨てたもんじゃないわねw

パーティでは、フレアやタップダンスのショーもありました。
フレアとは、トムクルーズの「カクテル」みたいなやつw
目の前で見るの初めて!
楽しい!!!
はまりそう♪

Image041~011


以前に何度かお邪魔した銀座のバーのバーテンダーさんとばったりお会いしたり、漫画にもなっている「レモンハート」のバーテンダーさんとご挨拶させていただいたり。
毛利バーの毛利さんにも、一昨日京都でばったりお会いした、今泉玲さんの近況を勝手に報告w
とても楽しかった!!
またカクテルコンペ行きたい!!

京都二日目バーはしご 

京都に帰省中の、(元)可不可のバーテンドレスさんと一緒に、K6関連のお店をハシゴ。(可不可のドリンクプロデュースを、K6の西田氏がしているのです)

K6の西田氏が出したケーキのお店、「ghost」
お酒をイメージしたケーキを売っているお店。

Image050~00_convert_20080302104004


Image051~00_convert_20080302104114


ケーキ屋さんというより、バーの雰囲気。
マッカランと、シャルトリューズを注文。
美味しかった^^

K6から独立された村松さんのお店、バー「Rosebank」へ。

Image054~00_convert_20080302104136


久しぶりのヒット!!
カウンターに水が流れていて、赤い薔薇の花びらを浮かせています。
こういう雰囲気好き!!
前によく通っていた、今はなき会員制バーの雰囲気に似てる。
新幹線の時間があるし、あと2軒まわる予定なので、一杯でお店を出る。
また来よう^^

前日にも行った、K6へ。
可不可のバーテンドレスさん、前日にわたしと入れ違いにこの店に来ていたらしい。
そして、わたしの話をしていたらしい。
バーテンダーの方に「安井(バーテンドレスさん)をよろしくお願いします」と言われました^^;
一杯だけ飲んで、次!

バー・トレフルドールへ。
店主が女性。
かわいらしさが随所にあふれるお店。
フレンチキスというカクテルをお願いすると、ハート型のレモンとライムのピールが入っていたり。
一杯だけいただいて、タクシーで京都駅へ。

夢のような二日間でした。
しあわせ。

京都二日目ランチ 

クチーナ・イル ヴィアーレでランチ。
京都に来ると必ず寄るお店です。
シェフの渡辺さんとは、午前3時まで一緒に飲んでいたのですが、お店に行くと、きちんと仕事されてました(当たり前ですが)。

野菜の盛り合わせ
Image044~00_convert_20080302101754


美味しい~!!!!
これ食べないと京都に来た意味がない!!

魚介のパスタ
Image045~00_convert_20080302101959


一口食べて、「美味しい!!!」ってわかる。
しあわせ!

フォアグラと子牛のソテー。
Image046~00_convert_20080302102323


メインはお魚(金目鯛)とお肉(もち豚のステーキ)と、プラス料金でフォアグラと子牛の中から選べたので、フォアグラ食べたい!とフォアグラを注文。

わたし、ここのフォアグラを食べて、初めて「フォアグラって美味しい!!」って思いました。
それまで、フォアグラをあまり美味しいと思ったことがない・・・。
今回もめちゃめちゃ美味しかった!
砂糖を使っていないオレンジのジャムが添えてあって、これも美味しい!

ドルチェ
Image047~00_convert_20080302102246


エスプレッソ
Image048~00_convert_20080302102352


カップがかわいい♪
渡辺シェフがイタリアに行ったときに買って来られたそうです。

大満足でした^^

京都一日目夜 

クチーナ・イル ヴィアーレの渡辺シェフが、昨年4月にオープンした2号店・タヴェルナ・イル ヴィアーレ。
京都二条駅を出ると目の前に見えます。
本店は予約が取れないことで有名ですが、タヴェルナでは予約を受け付けていないので、オープンと同時にお店へ(すぐに満席になってしまうので)。
本店はコースのみですが、こちらはアラカルトのみで、ワイン一杯でもOKというスタイル。
ワインはグラス500円~。安い!
料理王国やhanakoなどで書いている、ライターのK原さんと待ち合わせ。
アラカルトをつまみながらワインを飲んでいると、本店が終わった渡辺シェフが登場。
えっもうそんな時間?と時計を見ると、10時半でした。
お店に入ってから4時間半が経過。
居心地が良すぎ。
(前に、オープンからクローズまで居たこともありますw)

「もう一軒行きますか」とK原さんにお誘いいただき、渡辺シェフも「後から行きます!」とおっしゃって、K原さんとわたしは、K6へ移動。
前菜の三種盛りを注文。これがめちゃめちゃ美味しい!!
K6がはやってるのがわかる気がする。
しばらくして、渡辺シェフも合流。
パルミジャーノレッジャーノの中をくりぬいて、その中で作る、チーズのパスタとリゾットを注文。
リゾットは、メニューにないものを出していただいたのだけれど、めっちゃめちゃ美味しい!!
「バーに美味しいもの出されると困るんですよ」とか言いながら、「美味しい」と食べていらっしゃいました(笑)
わたしは翌日、イルヴィアーレ本店でランチの予定なので、渡辺さんに、「明日ランチ行きますからね!二日酔いで味見しても味わかんないとかやめてくださいね!」と忠告(笑)
それなのに3時くらいまで飲んで、ようやく撤収。

京都一日目ランチ 

関西版hanakoでグランプリを取った、京都祇園にあるt.v.b(ティ・ヴォリオ・ベーネ)
カノビアーノ出身の山口シェフが独立して出されたお店。
あまり表には出していないが、経営は車販売会社。「うずらや」さんも同じ系列。

お店に着くまでが、もう、いかにも京都!!!なロケーション。
t.v.bも町家レストラン。
これははやるわ・・・。

お店に入るといきなり、ソムリエの太田さんに「お久しぶりです」と声をかけられ、「えっ!?」と思わず相手の顔を凝視。
「お会いしたことないと思いますが・・・」と本気で返すと、「あれ?先週ぐらい渋谷であった気がするんですけど」とか言われる。
どうやら冗談だったらしい(苦笑)

まず、アミューズが出てくる。
写真を撮り忘れたのだけど、zweiselのとてもシルエットのきれいなカクテルグラスに入ってる。
次から次へと運ばれてくる料理。一品のボリュームは少ないけれど、皿数が多い。

サラダ。これはかなり量が多い。
Image0331.jpg


生うにとホタテの冷製カッペリーニ
Image0341.jpg


稚魚とからすみのタリアテッレ
Image0351.jpg


穴子の蒸し煮
Image036_convert_20080302094459.jpg


おさかな(詳細を忘れた)
Image037_convert_20080302094621.jpg


子羊のロースト
Image038_convert_20080302094742.jpg


ドルチェ(ひとくち食べてしまいました^^;)
Image041~00_convert_20080302094942


おいしいけど、わたしはもうちょっと一品のボリュームがあって、ゆっくり味わえたほうがいいなぁ・・・。
そして、ワインが高い!!!
コースは5000円くらいだったのだけど、ワインはボトル1万円~。
美味しくて、京都っぽいロケーションで、サービスも気さくで感じがいい。
京都行く度に行きたくなるほどではないけれど、そのうちまた行けたらいいな。
でも、ワインをがぶ飲みはしません(笑)
プロフィール

柳田 亜沙美

Author:柳田 亜沙美
株式会社凛 代表取締役。
レストランが好き、バーが好き。
そして京都が好き。
女社長の日記も書いてます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。