FC2ブログ

女社長の食べある記

京都に住む女社長の食べある記ブログ。東京・京都のレストラン、バーを中心に。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Bar KUGEL 

祇園の会員制バー、クーゲル。
マスターの西田さんと初めてお会いしたのは、去年の夏。
西田さんがドリンクプロデュースをされていた、東京ミッドタウンの可不可でした。
ちょうどその数週間後に京都に行くことが決まっていたので、「京都に行ったらお店に伺います」と言って、初めてクーゲルにお邪魔しました。
高級感の溢れる内装に、粋な常連客(舞妓さんや芸妓さんもいました)
正直、ちょっとビビリ気味でした(苦笑)

今回で訪れるのも3度目になり、西田さんとも東京で何度もお会いしているので、だいぶリラックスして飲むことができました。
リラックスしすぎて、シャンパン一本近くあけ、ベロベロでした(笑)
チーズを溶かしたものを出していたので、オーダー。マッシュポテトに溶かしたチーズがかかっていて、とても美味しい!
同席した着物の女性が、堂島ロールを振舞って下さいました!クリームがしつこくなくて美味しい♪

Image102.jpg

隣にいらした方と、
私:「仕事はIT系です」
隣:「IT?いけてないテクノロジーか!」
私:「そうなんです、いけてないんです。いけてるテクノロジーと仲良くなりたい!西田さん、弟さん紹介してー!!(西田さんの弟さんはIT社長)」
という会話をした記憶がかすかにあるのですが・・・
東京に戻ってメールチェックすると、その方がご挨拶のメールを下さっていました。(どうやら名刺を渡したらしい・・・)
スクリーン印刷の会社の方でした!
まさにいけてるテクノロジー!(ITじゃないけど)
いいお店に集まる方は、素敵な方なんですねぇ♪
これも、西田さんの人柄なんでしょうね☆
スポンサーサイト

遊形 サロン・ド・テ 

フードライターの関谷江里さんに教えていただいた、俵屋旅館が経営する遊形 サロン・ド・テヘ。
さすが、俵屋旅館。上質な空間。
窓から庭が眺められます。
Image109_convert_20080525140007.jpg

わらび餅とほうじ茶で2000円というちょっと高めの価格設定ではありますが、それも納得。
わらびもちは、ふるふるしていて、とろけそう。
Image108_convert_20080525135943.jpg


上質な空間って、清清しい空気がある。
その空気にお金を出せるかどうかは人それぞれだと思うけれど、わたしは全然惜しくない。
うまく言えないけれど、その「上質な空間」って、迎える側のホスピタリティのあらわれだと思うから。

遊形のメニューは、伝説のカフェ「リドル」の店主が監修をしたそうです。
わたしはリドルを知らないのですが、とても素敵なお店だったそうです。

■Yukei Salon de thé
075-212-8883
京都府京戸市中京区姉小路通麩屋町東入ル北側

クチーナ・イル ヴィアーレ 

訪れるのは何度目でしょう。
京都行くと必ず行くお店。
今回は、ぎをん か波羅のプレオープンでお会いした、京都のフードライター・関谷江里さんとご一緒してきました♪
3500円くらいのコースを注文。

前菜の盛り合わせ。幸せな味♪
Image103_convert_20080525004413.jpg

天使の海老とホタルイカとじゅんさいのパスタ。
出汁はエビとホタルイカのみ。
でもしっかり味が出ていて美味しい!
Image104_convert_20080525004444.jpg

もち豚のステーキ。
Image105_convert_20080525004518.jpg

ドルチェ。
写真ではわかりづらいのですが、マカロンの後ろに、レモンのジェラートがあります。
このジェラートに使ったレモンが、3年物とのこと!
「三年物って!?」と思わず江里さんと一緒につっこんでしまいました。
三年、木につるしておく・・・らしいです。
Image106_convert_20080525004556.jpg

エスプレッソ。
シュッとスプレーするグラッパを、スプレーしていただきました。
他にも、携帯するグラッパを何種類も見せていただきました。
Image107_convert_20080525004631.jpg


ご一緒した江里さんのブログの記事もご覧下さい♪
■粋なデジュネに(1) 「イル・ヴィアーレ」

■クチーナ・イル ヴィアーレ
京都府京都市中京区堀川通御池西入ル
075(812)2366
休/月曜、火曜昼

リストランテ キメラ 

ポンテベッキオ出身のシェフが、八坂神社南門のところに出したお店。
平日なのに満席でした。
ロケーションも店の雰囲気も最高!
窓が大きくて、もみじがきれい。
Image095_convert_20080523231609.jpg

光の使い方がきれい。
Image094_convert_20080524000916.jpg

ほたるいか。
Image088_convert_20080523231310.jpg

トマトと水牛のモッツァレラ。トマト美味しい!
Image089_convert_20080523231334.jpg

魚系のパスタ。
Image090_convert_20080523231401.jpg

肉系のパスタ。
Image091_convert_20080523231449.jpg

子羊の煮込みとクスクス。花びらみたいなのはキノコ。
Image092_convert_20080523231515.jpg

柑橘系のドルチェ。
Image096_convert_20080523231539.jpg

内装に目を奪われていたせいか、肝心のお料理のほうに意識が集中できていなかったのでしょうか・・・「美味しかった」という記憶くらいしか残っていなくて、あまりきちんと説明できません^^;

■リストランテ キメラ
http://www.gion-chimera.com/
京都市東山区祇園町南側504番地
075-525-4466
水曜休

ぎをん か波羅 

本日5月14日、西麻布に鉄板焼き「ぎをん か波羅」がオープンします☆
京都K6の西田氏がドリンクプロデュースを手がけ、シェフは初代板倉キャンティのシェフの息子さんであり、ご本人も三島のマンジャペッシェやアルポンテにいらした方。

昨日はプレオープンにご招待いただいて、わたしがいつも行く六本木の会員制バーのオーナーさんと、恵比寿にピッツェリアを展開する社長さんをお誘いして行ってまいりました♪

入口を入るとサロンがあります。
11630819_227095802_convert_20080514110746.jpg

ドリンクはボトルを使わず、全てデキャンタに移しています。
11630819_675281892_convert_20080514110809.jpg

総工費はなんと一億円!!
規模が違いますねぇ。
雰囲気は、町家づくりの京都ではなく、大正ロマンなかんじ。
個室もあって、接待にも良さそう♪

か波羅のオーナーや社長さん、ライターの関谷江里さんをご紹介いただきました♪
江里さんは、京都の飲食関係者で知らない人間はいないというくらい有名な、京都のフードライターさんです。
とても気さくな、すてきな方でした☆

コースを注文。。。
カルパッチョ、京野菜のバーニャカウダ、お豆腐、生麩の田楽、ステーキ、九条ねぎのねぎ焼き、お好み焼きが次々と運ばれてくる。
お豆腐は順正さんで使っているもの、生麩は半兵衛麩さんのものだそうです♪
ワインもカヴァも、西田さんチョイスだけあってとても美味しかった!

ドルチェは小松菜のソースをかけた豆乳のジェラート。
器はグラススタジオさんのものを使ってらっしゃいました。
Image0831_convert_20080514112816.jpg

安井嬢に「カクテル作って!」とお願いすると、マティーニを出してくれた。木村ガラスさんのグラスで出してくれましたが(わたしが木勝シリーズが好きなので^^)、アンティークグラスもかなり揃っています。
マティーニ美味しい!
以前の彼女のマティーニは、タンカレーとブードルスをブレンドしたものでしたが、今回は、新しいレシピで出してくれました。
美味しくて、あっというまに飲んでしまいました♪
いつも美味しいカクテルをありがとう^^

せっかく鉄板焼きなので、今度はカウンターでいただきたいな☆

■ぎをん か波羅
〒106-0031
東京都港区西麻布2-25-21西麻布2521ビルB1F
03-3409-1099

Cafe すろーべりー 

西武池袋線沿線にある「東長崎」という町にあるCafe すろーべりー

店内にはカウンターとテーブル席。
テーブル席に座り、カウンターを撮影。
Image065~00_convert_20080508173720


ペペロンチーノを注文。
Image066_convert_20080508173743.jpg


美味しいとはとても言いがたい。
ペペロンチーノには、市販されているイタリアンソルトのような、パセリや唐辛子を細かく砕いたものと胡椒が大量かけられていて、味が濃すぎる。
「かかっているのは何ですか」と説明を求めても、「え?」と要領を得ず、「緑のはパセリですか」と聞くと「はい」と言われ、「胡椒もかけてます?」と聞くと「ええ、普通に・・・」と言われる。
普通って何。普通はペペロンチーノに胡椒はかけないです。
料理を作っているのは、店主らしき50代くらいの女性。
常連らしきサラリーマン風の男性に、お母さんのように説教していた。
カフェというより、昔ながらの喫茶店のような感じなのかもしれない。

料理のクオリティは非常に低い。でもドリンクの価格設定は安め。

■カフェすろーべりー
東京都豊島区長崎4丁目8-6
03-3530-0260

神喜屋 

神楽坂にあるバー神喜屋

神楽坂によく合う、和風のバー。
入り口は低く、茶室の入り口のように屈まなければ入れない。

11630819_2378656365_convert_20080507133714.jpg


カウンターのみの小さなお店。
店内には鬼平犯科帳が流れる。

以前訪れた時は50代くらいのバーテンダーだったが、今日は別の方でした。
前の方の作るカクテルがとても美味しかったのですが、現在ご病気で療養中だそう。残念。。。

雰囲気とロケーションは最高だけれど、カクテルの味と接客はイマイチ・・・。
前のバーテンダーさんの復帰を心よりお祈りします☆

■神喜屋
http://mikiya-kagurazaka.com/
東京都新宿区神楽坂4-2
03-5261-5255

Arossa 

目当てだったブラッセリーが貸切で、しかたなくぶらぶらしていると、ワインバー&グリルのお店を発見。
Arossa

Image059_convert_20080501012447.jpg


入ってみる。
オープンキッチン+カウンター。わたし好み♪
2階にテーブル席があるらしい。

牛フィレ肉のカルパッチョとルッコラのゴルゴンゾーラサラダ
Image060_convert_20080501012507.jpg


フォアグラのプリン。コクがあって、ワインに合う!!
Image061_convert_20080501012527.jpg


子羊のハンバーググリル。ミンチでもしっかり羊の味!
Image062_convert_20080501012546.jpg


カンガルーのグリルがメニューにあった。(頼んではいない)
ワインはオーストラリアワインが多いみたい。
赤のシャンパンと、ワインをあわせて5杯ほどいただき、お会計は1万円と千円札数枚。
おなかいっぱい!

オーナーシェフは、他にレストランプロデュースの会社も経営されている方で、いろいろ話を聞かせてもらい、とても勉強になった。
プロフィール

柳田 亜沙美

Author:柳田 亜沙美
株式会社凛 代表取締役。
レストランが好き、バーが好き。
そして京都が好き。
女社長の日記も書いてます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。